時代を語る・駒場ハツヱ(11)辛抱が大事と諭され

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
現在のJR奥羽線四ツ小屋駅付近。雄和から追ってきた父に呼び止められた
現在のJR奥羽線四ツ小屋駅付近。雄和から追ってきた父に呼び止められた

 美容院での仕事はとても難儀で、疲労と栄養不足からでしょうか、体調を崩す同僚が相次ぎました。私は大丈夫で、風邪一つひきませんでした。健康な体に産み、育ててくれた親に感謝しました。

 そんな中、先輩たちが一斉にストライキを起こしたんです。仕事も修業も厳し過ぎることに抗議したんです。私だけ「嫌です」とも言えず、しょうがなく戸米川(とめがわ)村(現・秋田市雄和)の自宅に帰ることにしました。親が秋田市新屋の母の実家から、移り住んでいたのです。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 756 文字 / 残り 538 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース