ワクチン、疾患あっても接種可能? 県相談センターに届いた質問と回答は…

会員向け記事
お気に入りに登録

 65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種が今月14日の秋田市を皮切りに始まる。県は先月25日に電話で相談に応じる「県新型コロナワクチン相談センター」を開設。接種の可否や副反応に関する相談が寄せられている。代表的な質問と回答を、県医務薬事課に聞きまとめた。


 相談例(1) アレルギー(花粉症や鼻炎、薬物など)があるがワクチン接種してもいいのか。


 単に「アレルギーがある」というのみで接種できないことにはならない。何に対するアレルギーで、程度がどのくらいなのかなど、個別に医師の判断が必要。かかりつけ医に相談してほしい。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1218 文字 / 残り 949 文字)

秋田の最新ニュース