ハピネッツ、敵地で川崎戦 細谷「ぶれずに打つ」と奮起誓う

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
富山戦で戦術を確認する秋田の選手たち。徹底した守備で粘りたい=3月31日、富山市総合体育館
富山戦で戦術を確認する秋田の選手たち。徹底した守備で粘りたい=3月31日、富山市総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区7位の秋田ノーザンハピネッツは、10日午後6時5分、11日午後4時5分から、川崎市とどろきアリーナで、同3位の川崎と対戦する。5連敗中と不振が続くが、ディフェンスで粘りながら勝機を見いだす、秋田が目指すスタイルを貫きたい。

 川崎は35勝15敗。攻守でバランスの取れた戦いを展開しており、6連勝中と勢いがある。日本国籍のセンター・ファジーカスは1試合平均20・3点でチームの得点源。篠山竜青や藤井祐眞らガード陣が堅実なゲームメークで流れをつくる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 611 文字 / 残り 365 文字)

秋田の最新ニュース