勤務中スノボの署長、温泉に景勝地訪問も 停職3カ月の処分

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県警本部
秋田県警本部

 秋田県警は9日、勤務中に署員と公用車でスキー場に行き、スノーボードをした前北秋田署長の小松辰弥警視(57)=3月12日付で警務部付=について、停職3カ月の懲戒処分とした。本人の申し出を受けて警視から警部に降格した。処分は9日付。地方公務員法の職務専念義務違反などに当たると判断した。

 県警監察課によると、小松前署長は2月12日、女性署員1人を連れて公用車で北秋田市の森吉山阿仁スキー場に行き、スノーボードでゲレンデを滑り降りた。このほか、昨年8月に勤務中に管内の温泉施設で署員2人と入浴。10月には休日に公用車を使って景勝地・小又峡(こまたきょう)を訪れた。

 また、昨年7月から今年2月にかけて必要な手続きをせずに管外に宿泊し、飲酒を伴う私的会合にも出席していた。会合は昨年11月に秋田市で開かれ、勤務時間外の署員に送迎させていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 677 文字 / 残り 310 文字)

秋田の最新ニュース