バイデン氏、初の銃対策 「幽霊銃」規制提案

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米サンフランシスコの警察本部に展示された「ゴーストガン(幽霊銃)」=2019年(AP=共同)
米サンフランシスコの警察本部に展示された「ゴーストガン(幽霊銃)」=2019年(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は8日、銃による殺傷事件が続発していることを受け、6項目の対策を発表した。バイデン政権が銃規制を公表するのは初めて。インターネットなどで購入した部品を組み立ててつくられ、追跡が難しい「ゴーストガン(幽霊銃)」の規制などが柱。バイデン氏は「これは始まりにすぎない」と述べ、追加対策に意欲を示した。

 ホワイトハウスで演説したバイデン氏は「この国の銃暴力は伝染病だ。止めなくてはならない」と訴えた。

 幽霊銃は身元確認せずに買い集められた部品でつくられ、製造番号もないため司法当局が追跡できないことが問題となっている。