地方点描:議論の必要性[鹿角支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 3月28日告示の北秋田市長選は、現職の津谷永光氏(69)が無投票で4選を決めた。対抗馬を擁立する動きはなく、無投票は告示前から確実視されていた。とはいえ、有権者が候補者同士の論戦を聞き、投票で意思を示す機会が失われたことは、望ましいことではないと感じた。

 2回連続で無投票となったのは、津谷氏の市政運営に対する評価が高いことの表れなのだろう。コールセンターや養豚農場など多様な企業の誘致、移住者の増加を実現させ、各種の新型コロナウイルス対策も矢継ぎ早に講じた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 647 文字 / 残り 416 文字)

秋田の最新ニュース