鹿角市、市独自の商品券発行へ 発行総額6億100万円

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県鹿角市の児玉一市長は9日、新型コロナウイルスの追加経済対策として、市独自のプレミアム付き商品券などを発行すると発表した。

 鹿角市と小坂町の関係団体による経済・雇用対策会議で概要を説明した。

 プレミアム商品券は、大型店を含む全加盟店で使える券(1万円)で1万2千円分、小規模加盟店でのみ使用できる券(1万円)で1万3千円分の買い物や飲食が可能。いずれも5月6日から購入申し込みを受け付け、販売・使用期間は6月1日~来年1月末とする予定。発行総額は6億100万円。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 561 文字 / 残り 327 文字)

秋田の最新ニュース