本荘駅前市場、1年半ぶり昼市 地物の食品ずらり

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
旬の山菜など多彩な商品が並んだ本荘駅前市場の昼市
旬の山菜など多彩な商品が並んだ本荘駅前市場の昼市

 秋田県由利本荘市のJR羽後本荘駅前の本荘駅前市場で10日、早朝に引き続き昼も営業する「昼市」が開かれた。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止しており、約1年半ぶりに開催した。旬の山菜や魚介類を求めて市民らが訪れた。

 普段の市場の営業時間は午前4~8時。今年2月までは開始が午前3時だったが、多くの店が午前4時以降に店を開けるため、3月から1時間遅らせた。

 昼市は午前4時~午後1時に開催。いつも早朝から出店している14店のほか、今回に合わせてパンや小物などを販売する5店も加わった。地元産のコゴミやタラノメなどの山菜、アジやイワシ、ズワイガニといった魚介類など多彩な商品が並び、訪れた人がじっくり品定めしていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 585 文字 / 残り 278 文字)

秋田の最新ニュース