阿部雅龍:マネーロンダリングに左右される冒険人生

お気に入りに登録

阿部雅龍コラム 冒険と人力車の日々(30)

今年の冒険遠征に向け鍛える筆者=2021年3月


冒険と社会情勢は密接に関係する。
規模の大きな冒険遠征をするようになり、直面した事実だ。
その最たるものは戦争や疫病蔓延である。
去年からのコロナ蔓延により、南極行きチャーター飛行機がキャンセルになったのがまさにそうだ。

だが、マネーロンダリングにまでかき回されるとは思いもしなかった。

マネーロンダリングは日本語で「資金洗浄」と表現される。
犯罪などで得た資金の出所を分からなくするために、送金を点々と繰り返すことをいう。
不法な収入の汚れを落とす行為だ。
2018年には、全国の警察が摘発したマネーロンダリングに関する事件は511件で過去最多となった。(※1)

どうしてそれが冒険に関わってくるの?―と不思議に思うだろう。

その理由は、外国遠征資金のやり取りに国際送金を使うからだ。
上記の事件を受け、各銀行は送金できる金額を大幅に減額した。
ほとんどの銀行では1日100万円が上限となったが、ゆうちょ銀行だけは青天井のはずだった。
冒険のため南極で飛行機を1人でチャーターするとなると、1億円近くを送金しなければならないので、ゆうちょ銀行を頼りにしていた。

最近は銀行窓口だけでなく、オンラインによる国際送金も可能だ。
各銀行もオンラインで送金できるし、Wire TransferやPaypalのように銀行よりも安価で送金できるオンラインサービスも登場している。

できるだけ手数料は安く済ませたい。
ユーチューブやまとめサイトで、国際送金の比較について勉強していく。
「これも冒険家のリアルか」と自嘲的な笑いがこみ上げてくる。
100万円以上を一括で送れるサービスは少ないので、慣れているゆうちょ銀行のホームページを開くと、こんな文面が目に飛び込んできた。

“法人等のお客さまによる外国向け・外国来の国際送金のお取り扱いを終了いたしました(ゆうちょダイレクト、窓口)。
法人等のお取引に係る国際送金を、個人の口座を利用して行うこともできませんのでご注意ください。なお、個人事業主のお客さまが事業に係る国際送金を、ご自分の個人口座で行うことは可能です。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。”(※2)

ルール変更により、個人が1カ月に送金できるの限度額が500万円になっていた。
1億近くかかる南極飛行機チャーター代の送金はどうしよう…。

マネーロンダリングを防ぐため、毎月続けて送金するのはまずもって不可能のようだ。
今までは窓口で手続きすれば、確実に相手の口座に入金できていたが、他部署での審査ができたそうで、振り込みが却下されることもあるという。

これはすぐに手を打っておかなければならぬと思った。
コロナが落ち着き、いざ今年に南極チャーター飛行機が飛ぶとなっても費用を支払えない可能性がある。
送金できなければ飛行機は飛ばない。
払えなければ南極冒険のスタート台に立つことすら叶わない。

方策を考えねばならないが、金融はシロウトだ。
だが僕には各分野に友人がおり、経営者の友人も多い。
何人かに連絡をしてみると、ファイナンス関連の知人に問い合わせてくれ、すぐに的確な回答があった。
持つべきは多分野に渡る友人たちだ。

どうやら、メガバンクの信託銀行であれば外貨建てで制限無しで送金できるようだ。
銀行側にも電話をして確認した。
信託銀行の口座を作るとなると手続きが少し面倒なのだが、僕は運が良い。
去年にSMBC信託銀行の口座を開設していたのだ。
昨年にカナダと小切手郵送のやりとりがあり、カナダの小切手を現金化できるのが日本ではこの銀行だけだったからだ。

カナダは今でも小切手文化らしい。
僕が12年ほど前にカナダで働いていた時代も、給与は小切手で渡され、銀行で現金化していた。
変化が激しい時代において、まさか小切手文化が続いているとは驚いた。

この国際送金問題が、南極遠征近くなったタイミングで起こったらと思うとゾッとする。
信託銀行の口座を開設したり、送金したりというのは、思ったよりも時間のかかるものなのだ。
今回気付くことができたのは実に幸運だ。

ドル建てでの口座間送金となると、手数料と為替の仕組みも少しは勉強せねばならない。
為替レートもマメに見なければならない。
例えば米ドルが5円変動したと仮定すると、10万ドル(1100万円)の送金毎に50万円という大金が変動することになるからだ。

社会情勢と経済に冒険は振り回される。
それもまた現実。
挑戦するって本当に面倒で手強い。

※1マネーロンダリング摘発、最多511件 19年版警察白書 日本経済新聞

※2ゆうちょ銀行ホームページ 国際送金

阿部雅龍さんの連載一覧はこちら

秋田の最新ニュース