ナガマツ「どの大会も優勝狙う」 バド全英OP初優勝報告

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優勝の喜びを語る永原(左)と松本
優勝の喜びを語る永原(左)と松本

 バドミントンの全英オープン女子ダブルスで初優勝した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が12日、秋田魁新報社を訪れ「長いラリーが多かったが、いつものスタイルとは違う展開で勝てた」などと優勝の喜びを語った。

 全英オープンは3月17~21日、英国のバーミンガムで開催され、今回が111回目。ワールドツアーでは最も伝統があり、格式が高い。永原、松本組は前回覇者の福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)に2―0でストレート勝ち。世界ランキングも3位から2位へ浮上した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 582 文字 / 残り 351 文字)

秋田の最新ニュース