クルーズ船受け入れ中止、秋田県 警戒レベル引き上げで

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は12日、今月22日と来月5日に本県への寄港を予定していたクルーズ船について、運航会社に受け入れを中止したいと申し入れた。県が新型コロナウイルスの感染警戒レベルを3に引き上げたことに伴う対応。

 県港湾空港課によると、今月22日は男鹿市の船川港、来月5日には秋田市の秋田港に横浜港発着の「にっぽん丸」が寄港予定だが、県が先月策定したクルーズ船に関する指針では「県の感染警戒レベルが3になった場合」を受け入れ中止の目安と規定。「にっぽん丸」を運航する船会社と、港のある男鹿市と秋田市に中止の意向を伝えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 422 文字 / 残り 168 文字)