角館の桜まつり、さらに規模縮小 大仙管内の感染者急増考慮

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市の「角館の桜まつり」(4月20日~5月5日)を主催する角館の観光行事実行委員会(委員長・門脇光浩市長)は12日、期間中に予定していた武家屋敷通りの歩行者天国や桜のライトアップなどを行わないと決めた。まつりそのものは行うが、県外からの来訪は控えるよう求める。

 県が独自の新型コロナウイルス感染警戒レベルを2から3へ引き上げたことを受けた対応。大仙保健所管内で感染者が増えていることも考慮した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 478 文字 / 残り 276 文字)

秋田の最新ニュース