パラ水泳オランダ代表、秋田市での合宿中止 施設確保で難航

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は12日、今夏に秋田市で予定されていたオランダのパラ水泳チームの東京パラリンピックに向けた事前合宿を取りやめると発表した。東京パラの1年延期に伴い使用する計画だった施設の確保が難航し、オランダ水泳連盟から最終調整地を変更するとの連絡があった。

 県スポーツ振興課によると、事前合宿は7月27日~8月17日で選手やスタッフ19人が来県する予定だったが、練習場所の県立総合プールが大会開催で使用できない期間が生じた。また宿泊施設の県青少年交流センター・ユースパルも新型コロナウイルスの軽症・無症状者を受け入れる施設となったため使用できなくなった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 462 文字 / 残り 188 文字)

同じジャンルのニュース