泉外旭川駅開業1カ月 通勤、通学利用少しずつ増える

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
泉外旭川駅を利用する高校生や通勤客=12日午前7時40分ごろ
泉外旭川駅を利用する高校生や通勤客=12日午前7時40分ごろ

 JR奥羽線の新駅「泉外旭川駅」が13日、開業から1カ月を迎えた。開業直後は学校が春休みに入った影響などで利用者が少なかったが、今月に入り新学期もスタート。通学で利用する高校生や通勤客が少しずつ増えつつある。

 12日午前7時半ごろ、上り普通列車が駅のホームに入ってきた。制服姿の高校生が続々と降りてきたかと思うと、今度はJR秋田駅方面へと向かう別の高校生たちが足早に列車に乗り込んでいった。無人駅のため、車掌が出口に向かう利用客の定期券や切符を手早く確認していた。

 午前7時台は上下8本が停車し、一日のうち最も利用者が集中する時間帯。駅で降りるのは、約1キロ離れた秋田工業高校に通う生徒が多かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 953 文字 / 残り 654 文字)

秋田の最新ニュース