おかえり、池江璃花子選手 東京五輪で再び世界に挑戦

会員向け記事
お気に入りに登録

白血病で長期療養していた競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が10日まで五輪会場の東京アクアティクスセンターで開かれていた日本選手権で、出場4種目全てを制し、病気が判明する前の2018年以来となる大会4冠を達成した。

白血病を公表したのは19年2月のこと。それから約2年2カ月で臨んだ今大会。
4日に100メートルバタフライ、8日に100メートル自由形で優勝、400メートルメドレーリレーと400メートルリレーの選考基準を満たし、東京五輪代表に決まった。

ただ、非五輪種目の50メートルバタフライを除く池江が勝った3種目は個人で選考基準をクリアした選手がいないため、五輪本番で池江が出場する可能性も十分ある。

◇ ◇ ◇

当時18歳の池江は、100メートルバタフライで世界の頂点を照準に定めていた。16歳で出場した16年リオデジャネイロ五輪で5位と健闘。だが、17年の世界選手権では6位にとどまった。悔しさを味わい、飛躍を誓って高地合宿といった厳しいトレーニングを積んだ。そして18年8月、北米とオーストラリアの強豪が集ったパンパシフィック選手権で56秒08の日本新記録を打ち立て、主要国際大会で初めて金メダルを獲得した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 2008 文字 / 残り 1499 文字)

秋田の最新ニュース