米長官、駐独軍の増強表明 太平洋地域関与も歓迎

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
13日、ベルリンで記者会見するオースティン米国防長官(左)とドイツのクランプカレンバウアー国防相(ロイター=共同)
13日、ベルリンで記者会見するオースティン米国防長官(左)とドイツのクランプカレンバウアー国防相(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】オースティン米国防長官は13日、訪問先のベルリンで記者会見し、ドイツに米兵約500人を今秋にも派遣、駐留米軍を増強すると表明した。米独関係の強化が狙い。ドイツは中国の影響力拡大を背景に、インド太平洋地域に海軍艦艇を今夏に派遣予定で、オースティン氏はドイツの同地域への関与強化も歓迎した。

 ドイツのクランプカレンバウアー国防相との会談に合わせて会見した。トランプ前米政権は昨年、ドイツ駐留の米軍約3万6千人のうち3分の1の削減を発表したが、バイデン政権は米欧関係重視を再確認し、削減を凍結した。