高齢者へのワクチン接種、県内でもスタート 「気持ちが安心した」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

ワクチン接種を受ける入所者=秋田市太平山谷の山盛苑(代表撮影)
ワクチン接種を受ける入所者=秋田市太平山谷の山盛苑(代表撮影)

 65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種が14日、秋田県内で初めて秋田市でスタートした。市内の高齢者施設の入所者らが対象で、初日は4施設の275人が接種を受けた。副反応を訴える人はいなかった。他の県内市町村でも順次接種が始まる。

 このうち秋田市太平山谷の介護老人保健施設「山盛苑」では14日午前10時ごろから施設内で接種を始めた。入所者は医師の問診後、順番に腕に注射を受けた。医師や看護師は一人一人に「大丈夫ですか」「しびれませんか」などと声を掛けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 577 文字 / 残り 344 文字)

秋田の最新ニュース