市長「やむを得ない」 感染増で「大曲の花火・春の章」延期

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2019年に行われた「大曲の花火・春の章」
2019年に行われた「大曲の花火・春の章」

 5月1日に秋田県大仙市で開く予定だった「大曲の花火・春の章」を6月12日に延期すると判断したことについて、老松博行市長は14日、「新型コロナウイルス感染者が急増している状況を踏まえるとやむを得ない」と述べた。8月の全国花火競技大会(大曲の花火)の開催については「感染状況を見極めて決定する」と語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 561 文字 / 残り 410 文字)

秋田の最新ニュース