元関脇琴勇輝が引退、君ケ浜襲名 殊勲賞1度、佐渡ケ嶽部屋

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
琴勇輝
琴勇輝

 日本相撲協会は14日、元関脇で西幕下筆頭の琴勇輝(30)=本名榎本勇起、香川県出身、佐渡ケ嶽部屋=の現役引退と年寄「君ケ浜」襲名を発表した。ことし初場所は西十両9枚目で4勝11敗と大きく負け越し、春場所は2011年名古屋場所以来の幕下に転落していた。今後は佐渡ケ嶽部屋付きの親方として後進を指導する。

 香川・小豆島高(現小豆島中央高)を1年で中退し、08年春場所初土俵。気迫あふれる突き、押しを武器に11年秋場所で新十両、13年初場所で新入幕を果たした。16年春場所では横綱日馬富士を破って初金星を獲得するなど12勝3敗で殊勲賞。翌場所に新関脇となった。