雪壁の間のドライブお預け 八幡平アスピーテライン【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県鹿角市と岩手県八幡平市を結ぶ八幡平アスピーテライン(全長26・6キロ)の冬季閉鎖が15日解除された。開通式が八幡平ビジターセンターで開かれたものの、県境付近で吹雪となって路面に積雪が確認されたため、終日通行止めに。開通は16日以降に持ち越された。

 アスピーテラインは、除雪によって道路両脇にできた雪壁の間を走行できるため、毎年全国から観光客が訪れる。冬季閉鎖区間20・4キロのうち本県側9・8キロについて、道路を管理する県鹿角地域振興局が3月4~31日に除雪作業を行い、開通に備えていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 671 文字 / 残り 423 文字)

同じジャンルのニュース