「五輪中止やむを得ない場合もある」 佐竹知事、二階氏発言受け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 自民党の二階俊博幹事長が新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合、東京五輪・パラリンピックの開催中止も選択肢と発言したことについて、佐竹敬久知事は15日、感染状況次第では「中止もやむを得ない場合もある」と述べた。県庁で報道陣の質問に答えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 216 文字 / 残り 94 文字)

秋田の最新ニュース