米政権、台湾と関係強化を表明 非公式訪問団、蔡英文総統と会談

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台湾総統府で15日、あいさつを交わす蔡英文総統(右)と米非公式代表団のメンバーら=台北(中央通信社=共同)
台湾総統府で15日、あいさつを交わす蔡英文総統(右)と米非公式代表団のメンバーら=台北(中央通信社=共同)

 【台北共同】台湾の蔡英文総統は15日、総統府で米国のドッド元上院議員やアーミテージ元国務副長官らの非公式代表団と会談した。ドッド氏は「台湾との協力関係を引き続き堅持する」と述べ、バイデン政権が民主主義など共通の価値観や繁栄、安全を守っていくため、台湾との関係を一層発展させていく方針を表明した。

 中国と対立を深めるバイデン政権が、台湾重視姿勢を明確に伝えた格好。蔡氏は「バイデン政権は繰り返し台湾支持を打ち出している」と謝意を表明し、経済やエネルギー分野での米国との協力強化も訴えた。

 中国外務省は代表団を公的なものと見なし反発。対抗措置を取る可能性がある。