県北部の巡査部長、警部補を処分 セクハラ、職務違反で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県警(資料写真)
県警(資料写真)

 秋田県北部の警察署に勤務していた40代男性巡査部長がセクハラ行為をしたとして所属長訓戒、同じく県北部の警察署に勤務していた40代男性警部補が職務専念義務違反の行為をしたとして本部長注意の処分を受けていたことが16日、県警への情報公開請求で分かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 363 文字 / 残り 238 文字)

同じジャンルのニュース