秋田銀行が移動店舗車導入へ 遠方の客に対応、北秋田と男鹿

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田銀が導入する移動店舗車「あきぎんみみより号」
秋田銀が導入する移動店舗車「あきぎんみみより号」

 秋田銀行は、窓口機能を備えた移動店舗車「あきぎんみみより号」を導入する。20日に北秋田市の阿仁地区、来月20日に男鹿市の北浦地区に出向き、基本的な窓口業務を行う。来月までは週1回のペースで営業する。両地区での支店移転などにより、遠方の店舗に通うのが難しい高齢者らの利用を想定している。

 秋田銀による移動店舗車の導入は初めて。来店者数の減少などを受け、阿仁地区では昨年11月に阿仁合支店が鷹巣支店内に移転。北浦地区では北浦出張所が来月14日の営業を最後に男鹿支店内に移転することから、両地区の住民が不便を感じないように導入を決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 711 文字 / 残り 445 文字)

秋田の最新ニュース