時代を語る・駒場ハツヱ(19)ビル売却で再移転へ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
やまじんビルに開店した美容院の店内(中央)
やまじんビルに開店した美容院の店内(中央)

 昭和43(1968)年、秋田駅前の「やまじんビル」5階にオープンした美容院は、順調に滑り出しました。テナントでの美容院経営、そして全身美容の取り扱いは共に県内初だったと記憶しています。それだけにうまくいくか不安でしたが、好景気も手伝い、客数は上向きで、すぐに売り上げが安定しました。

 シャンプーなどの新商品を卸す各メーカーのディーラーも頻繁に訪れ、美容師への技術講習や宣伝販売をしていきました。そういったものへの対応もあって忙しい日々が続きました。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 754 文字 / 残り 529 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース