ハピネッツ、新潟に3点差で競り勝つ CS進出はかなわず

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―新潟】第4クオーター、ゴールへ攻め上がる秋田の古川=CNAアリーナ
【秋田―新潟】第4クオーター、ゴールへ攻め上がる秋田の古川=CNAアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は17日、各地で7試合を行った。第34節第1日、東地区7位の秋田ノーザンハピネッツは秋田市のCNAアリーナで同8位の新潟と対戦し、79―76で競り勝った。通算27勝25敗で順位は変わらないが、チャンピオンシップ(CS)進出の可能性がなくなった。CSには東西両地区の3位までとワイルドカード(WC)の上位2チームの計8チームが出場できる。SR渋谷がこの日勝ったため、秋田は残り7試合に全勝してもWC1位のSR渋谷と2位の富山を勝率で上回れない。MVPは試合終了間際に3点シュート(3P)を決めたガード古川孝敏、印象的な活躍をしたMIPには4本の3Pで12得点、7アシストを記録したガード大浦颯太が選ばれた。18日も同アリーナで新潟と戦う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 625 文字 / 残り 286 文字)

秋田の最新ニュース