八村塁6得点、チームは白星 渡辺雄太は自己最多の21点

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ペリカンズ戦でシュートを放つウィザーズの八村=ワシントン(AP=共同)
ペリカンズ戦でシュートを放つウィザーズの八村=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは16日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は本拠地ワシントンでのペリカンズ戦に先発出場し、42分22秒のプレーで6得点、3リバウンドだった。チームは117―115で延長戦を制し、3連勝で22勝33敗。

 ラプターズの渡辺雄太はマジック戦に途中出場し、26分57秒プレーして自己最多の21得点、6リバウンドだった。試合は113―102で勝って、23勝34敗とした。