高山勝成、5月に米国で世界戦 ボクシング、スポーツ専門局報道

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高山勝成
高山勝成

 【ロサンゼルス共同】ボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座に就いた実績を持つ37歳の高山勝成(寝屋川石田)が、5月8日に米テキサス州で世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者のエルウィン・ソト(メキシコ)に挑戦すると16日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

 高山は2017年に東京五輪挑戦のためプロを引退し、アマチュアに転向。五輪出場権を逃したため、再びプロライセンスを取得し、昨年12月に復帰戦を制した。