東関部屋閉鎖機に引退 美郷出身・華王錦「また相撲に携わりたい」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大相撲春場所、現役最後の相撲で北勝旺(奥)を逆とったりで破った華王錦=3月、両国国技館
大相撲春場所、現役最後の相撲で北勝旺(奥)を逆とったりで破った華王錦=3月、両国国技館

 愛着ある東関部屋とともに、約20年間の土俵人生を終えた。大相撲の元十両で42歳の華王錦(本名村田武志、秋田県美郷町出身)は、横綱曙らを輩出した同部屋の春場所限りでの閉鎖を機に現役引退。「東関部屋の力士として終わりたかった」と、しみじみと話した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 586 文字 / 残り 463 文字)

同じジャンルのニュース