秋田県内強風、けが人や建物被害 羽越線は遅れや運休も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トタンが引っ掛かった桂根―下浜間の電気設備(JR秋田支社提供)
トタンが引っ掛かった桂根―下浜間の電気設備(JR秋田支社提供)

 秋田県内は18日、発達した低気圧の影響で沿岸部を中心に強風に見舞われ、秋田市の80代女性が転倒によるけがを負ったほか、住宅など建物10棟に被害が出た。JR羽越線では秋田市下浜の架線に強風で飛ばされたトタンが接触したことから停電が発生し、ダイヤが乱れた。

 秋田地方気象台によると、午後6時現在の各地の最大瞬間風速は、にかほ市26・7メートル、秋田市25・5メートル、由利本荘市23・9メートル、大潟村22・1メートル、男鹿市21・0メートルなど。

 ※最新の運行状況はこちらをご覧ください。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 542 文字 / 残り 298 文字)

秋田の最新ニュース