ハピネッツ、新潟に連勝 第2Qで主導権握り、突き放す

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―新潟】第2クオーター、シュートを放つ秋田の野本(右)=CNAアリーナ
【秋田―新潟】第2クオーター、シュートを放つ秋田の野本(右)=CNAアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は18日、各地で6試合を行った。第34節第2日、東地区7位の秋田ノーザンハピネッツは、秋田市のCNAアリーナで同8位の新潟と対戦し、攻守で圧倒して91―59と大勝。通算28勝25敗で順位は変わらない。MVPは両チーム最多18得点、5スチールのフォワード・デイビス、印象的な活躍をしたMIPには10得点、5リバウンドのフォワード・王が選ばれた。次節は21日、宇都宮市のブレックスアリーナ宇都宮で同首位の宇都宮と戦う。

秋田 91―59 新潟
  (20―19)
  (27― 8)
  (30―17)
  (14―15)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 514 文字 / 残り 239 文字)

秋田の最新ニュース