時代を語る・駒場ハツヱ(21)新店のテーマは宇宙

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
円柱を置いたほか、店内が見通せるようにした
円柱を置いたほか、店内が見通せるようにした

 昭和40年代、東京の池袋や渋谷にファッションビルの「パルコ」がオープンし、話題を集めていました。全国各地のファッションビルは設計や内装に関し、そのノウハウが欲しかったようで、私が出店を考えた秋田市の「セントラルデパート」もリニューアルに当たってパルコに協力を仰いだとのことでした。

 私が思い通りに店の設計や内装を行うには、パルコ側と交渉し納得してもらう必要がありました。向こうの方針通りにやるのなら早いですが、それだけはしたくなかったですからね。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 767 文字 / 残り 543 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース