仙北・あきた芸術村でワーケーション体験イベント

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大画面で投影できるプロジェクターを備えたスタジオを見学する来場者
大画面で投影できるプロジェクターを備えたスタジオを見学する来場者

 秋田県仙北市田沢湖のあきた芸術村にあるワーケーション向け施設「センボク・ワークプレックス」で18日、無料体験イベントが行われた。来場者は機材のそろったスタジオやくつろげるワークラウンジを利用しながら、新たな働き方への理解を深めた。

 ワークプレックスは、わらび座と秋田市のソフトウエア開発会社・エイデイケイ富士システムが既存のテレワーク用オフィスを改修して、今月オープン。最大15人ほどの会議ができるクリエイティブスタジオには、最新の映像配信機材や超高画質の4K映像を撮影できるカメラなどを配備している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 414 文字 / 残り 162 文字)

同じジャンルのニュース