サーフィン、都筑有夢路は9位 CTデビュー戦、五十嵐8強入り

お気に入りに登録

 サーフィンのプロ最高峰、チャンピオンシップツアー(CT)第3戦のナラビーン・クラシックは19日、オーストラリアのナラビーンで行われ、女子の都筑有夢路は1回戦で2019年シーズンの年間2位だったキャロライン・マークス(米国)に4・40点差の7・03点で敗れ、9位だった。

 現行ツアーで日本女子のCT出場は今大会の都筑が初めて。

 男子の五十嵐カノア(木下グループ)は2回戦でジャック・ロビンソン(オーストラリア)に1・00点差の10・60点で競り勝ち、準々決勝に進んだ。(共同)