ジュンサイ収穫しよう! 県内在住者対象に予約受け付け

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県三種町観光協会は5月、町特産のジュンサイの収穫体験受け入れを始める。新型コロナウイルスの感染防止対策を取った上で、県内在住者のみを対象として予約を受け付けている。

 収穫体験は例年5~8月に実施。今年は三種町と能代市の6カ所のジュンサイ沼で行う。

 水深50~60センチの沼で1畳ほどの広さの小舟に乗り、棒でかじを取りながら摘み取る。地元農家が小舟の乗り方や摘み取り方を丁寧に指導するため、初心者でも楽しむことができる。バケツがいっぱいになるか、3時間が経過した時点で終了。収穫したジュンサイは持ち帰ることができる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 588 文字 / 残り 328 文字)

秋田の最新ニュース