クマに襲われ男性重傷、大館市比内町 県内今年初の人身被害

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 20日正午ごろ、秋田県大館市比内町独鈷(とっこ)字向日詰の山中で、山菜採りをしていた同市比内町扇田字町後の男性(75)がクマに襲われ、顔の骨を折るなどの重傷を負った。県警によると、県内で今年、クマによる人身被害が発生したのは初めて。

 大館署などによると、男性は同日午前、友人の70代男性とタラノメやゼンマイを採るため入山。約20メートル離れた場所にいた友人が悲鳴で気付くと、倒れた男性に体長約1メートルのクマが覆いかぶさっていた。友人が大声を上げたり、ストックで木をたたいたりするとクマは逃げた。

 男性は下山後に救急搬送され、市内の病院で手当を受けた。友人によると、友人は鈴を着けていたが、けがをした男性は着けていなかった。

 現場は東館小学校の南東約2・5キロ、直近の集落から約300メートルの山中。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 753 文字 / 残り 402 文字)

同じジャンルのニュース