「歩行者優先」徹底を 県警など、子ども事故多発で対策協議

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市の国道7号で女子中学生が路線バスにはねられ死亡する事故が起きたことを受け、県警は20日、子どもの交通事故防止に向けた関係団体の緊急対策会議を開いた。今年に入って子どもが被害に遭う交通事故が多発しているとして、歩行者優先の意識の徹底を図ることを確認した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 511 文字 / 残り 376 文字)

同じジャンルのニュース