大館でPCR試薬増産へ PSS新工場、来春完成目指す

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大館試薬センター第2工場完成後のイメージ
大館試薬センター第2工場完成後のイメージ

 医療用機器メーカー「プレシジョン・システム・サイエンス(PSS、千葉県松戸市)」は秋田県大館市花岡町の大館試薬センターを拡張し、第2工場を建設する。新型コロナウイルス感染の有無を判定する全自動PCR検査装置用の試薬と消耗品を増産するためで来年3月の完成、6月の操業開始を目指す。総事業費は約14億5千万円。新規雇用も予定している。20日に現地で工事の地鎮祭・安全祈願祭が行われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 678 文字 / 残り 487 文字)

秋田の最新ニュース