ハピネッツ、宇都宮に敗れる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【宇都宮―秋田】第1クォーター、ゴールを狙う秋田・中山(中央)=2021年4月21日、ブレックスアリーナ宇都宮
【宇都宮―秋田】第1クォーター、ゴールを狙う秋田・中山(中央)=2021年4月21日、ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は21日、各地で4試合を行った。東地区7位の秋田ノーザンハピネッツはアジア・カップ予選のため延期となっていた第23節、宇都宮市のブレックスアリーナ宇都宮で同地区優勝を決めている宇都宮に力負けし、73―104で大敗した。通算28勝26敗で順位は変わらない。次は24、25両日、東京都立川市のアリーナ立川立飛で同6位のA東京と対戦する。

宇都宮104―73秋田
   (23―15)
   (23―20)
   (26―19)
   (32―19)

 秋田は得点力の高い宇都宮の攻撃を止められず、後半に突き放された。

 10点を追い掛ける第2クオーター中盤、カーターの3点シュート(3P)、デイビスの速攻で連続得点。失点後、大浦の3Pで4点差に迫るなど粘りを見せた。35―46で迎えた第3クオーターは立ち上がりから4分半近くを3―14と圧倒されて流れをつかめず、リードを18点に広げられた。第4クオーターも見せ場をつくることができなかった。

 宇都宮はシュート力の高さや、要所での厳しいディフェンスなど攻守で力の違いを見せつけた。

同じジャンルのニュース