中国、前首相の寄稿を削除 文革に言及が理由か、母を回想

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国の温家宝前首相
中国の温家宝前首相

 【北京共同】中国で2013年に引退した温家宝前首相(78)が発表した亡き母を回想した寄稿がネット上で削除や転送制限を受けている。暴力が猛威を振るった政治運動、文化大革命(1966~76年)に触れるなどしているためとみられるが、元国家指導者の発言を封じるのは珍しい。

 寄稿は3~4月、マカオ導報に4回にわたり掲載された「私の母親」。昨年12月に亡くなった母親が清廉潔白な人だったことや自分の首相時代に2回手紙を送ってきたことなどを回想した。

 習近平指導部に入り、文革時代の否定的な側面は報じられなくなり、共産党が発展を模索した時期として評価の見直しが進んでいる。