日医会長「一日も早く宣言を」 緊急事態巡り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する日本医師会の中川俊男会長=21日午後、東京都内
記者会見する日本医師会の中川俊男会長=21日午後、東京都内

 日本医師会の中川俊男会長は21日の記者会見で、大阪府や東京都の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ「政府は緊急事態宣言を一日でも早く出してほしい。ちゅうちょしている場合ではない」と訴えた。「これまでのような自粛を基本とした対策では限界に来ている」と述べ、大型商業施設の休業やイベントの中止といった厳しい制限が必要だとした。

 変異株の拡大を受け、宣言の対象範囲については「感染状況によっては、最終的には全国に適用することもある」と述べた。宣言を出した後の対応を巡っては「ステージ2以下になって初めて解除の検討に入るべきだ」と強調した。