韓国、真榊奉納に「深い失望」 菅首相、靖国神社例大祭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
靖国神社の春季例大祭に合わせ菅首相が奉納した「真榊」=21日午前、東京・九段北
靖国神社の春季例大祭に合わせ菅首相が奉納した「真榊」=21日午前、東京・九段北

 【ソウル共同】韓国外務省報道官は21日、靖国神社の春季例大祭に合わせて菅義偉首相らが真榊を奉納したり、安倍晋三前首相らが参拝したりしたことについて「深い失望と遺憾の意を表する」との論評を発表した。「日本の侵略戦争を美化している靖国神社に、日本政府や議会の指導者たちが再び供物を奉納し、参拝を繰り返した」と批判した。

 論評は「日本の指導者たちが歴史を直視し、真摯な反省を行動で見せることを求める」と強調。日本政府に対し、未来志向的な日韓関係発展のためにはそうした姿勢が「根幹となることを肝に銘じなければならない」と主張した。