大曲町の「道路元標」、役場跡に設置 「歴史に思いはせて」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
旧大曲町役場があった場所に設置された「大曲町道路元標」。傍らに立つのは和美さん
旧大曲町役場があった場所に設置された「大曲町道路元標」。傍らに立つのは和美さん

 秋田県大仙市大曲上大町の駐車場に、旧大曲町時代のものとみられる石の標柱「大曲町道路元標」が立てられた。駐車場の土地にはかつて町役場があり、標柱もその近くに立っていた可能性が高いという。地域の歴史に興味を持ってもらおうと、駐車場の経営者が設置した。

 標柱は地上部分が高さ約70センチ、幅と奥行きは約25センチ四方。「大曲町道路元標」とのみ彫られている。道路元標は幹線道路の起点となる標柱で、旧道路法に基づき各市町村に一つ設置する定めだった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 518 文字 / 残り 298 文字)

秋田の最新ニュース