性的少数者とともに:「ぼくはもう隠さない」 卒業制作通じ社会に問う

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田美大の卒業制作として「マイノリティーの受難」を研究テーマに、ポスターや漫画を作った佐藤さん=今年2月
秋田美大の卒業制作として「マイノリティーの受難」を研究テーマに、ポスターや漫画を作った佐藤さん=今年2月

 「ぼくはゲイで(男性同士の恋愛を描く)ボーイズラブ(BL)が好きです。研究テーマにも選ぼうと思います」

 こう自己紹介した瞬間、60人ほどいた空間が静まり返った気がした。だが、緊張がほどけ、冷静になるとそうではないと分かった。「ほかの人の自己紹介の時と同じ。みんな受け入れてくれていると感じました」

 今春、秋田公立美術大学(秋田市)を卒業した佐藤夏郎さん(23)=仙台市出身=は、ビジュアルアーツ専攻に進んだ3年時、ほかの学生や教員が集まった飲み会で、自分の性的指向を明かした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1314 文字 / 残り 1075 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース