佐竹知事、4期目の所信表明 「企業の規模拡大を支援」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県議会議場(資料写真)
県議会議場(資料写真)

 秋田県の佐竹敬久知事は22日、県議会本会議で4期目の所信表明を行い、成長産業の拡大による所得向上を進めると明言した。社会のデジタル化や自動車が電気自動車(EV)に切り替わるといった動きを挙げ「成長につながる分野の企業誘致をさらに進めるほか、変革を余儀なくされる業種に対し、業態転換や規模拡大の支援を強化するなど産業構造の変化を見据えた経済活性化を図る」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 473 文字 / 残り 291 文字)

秋田の最新ニュース