ウェブ独自:6大学首位打者が副知事に 猿田氏、秋田高―慶大で活躍

有料会員向け記事
お気に入りに登録

慶大時代の猿田氏


 秋田県副知事に24日就任する猿田和三氏(58)は慶大時代、野球部の主将を務め、東京6大学野球で首位打者を獲得したことのある名選手だった。

 秋田高時代も主将。プロ野球の近鉄、巨人などで活躍した1学年下の石井浩郎参院議員(56)とともに中軸を担った。

 浪人生活を経て、慶大に進学した後も強打者として活躍。首位打者を獲得したほか、主将だった4年時にはチームを大学選手権優勝に導いた。猿田氏が県の財政課長だった2018年9月、TBSの番組「消えた天才」で特集されたこともある。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 714 文字 / 残り 479 文字)

同じジャンルのニュース