豪華絢爛シダレザクラ 大館市・浄応寺【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録


 秋田県大館市字大館の浄応寺には2本のシダレザクラがある。樹齢400年と推定される高さ約7メートルの古木と、その枝を挿し木したもの。ともに満開となった境内は、豪華絢爛(けんらん)といった雰囲気だ。

 譽田正司住職(61)によると、寺は1610年に初代大館城代となった小場義成から現在地を与えられた。その記念として京都・円山公園の桜の若木が境内に移植され、今に残る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 369 文字 / 残り 188 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース