融資持ち掛け、保証料要求 大館の30代男性、60万円被害

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警大館署は22日、大館市の30代男性が融資保証金詐欺に遭い、現金約60万円をだまし取られたと発表した。

 署によると、男性が今月中旬、融資会社をかたるウェブサイトを通じて500万円の融資を申し込むと、電話で対応した男に「保証会社に保証料を支払わなければならない」「預託供託金として借入額の10%を支払わなければならない」と言われた。男性は指定された口座に2回に分けて現金を振り込んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 323 文字 / 残り 128 文字)

秋田の最新ニュース