地裁が入る新庁舎、近く工事スタート 完成は2023年夏

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田地裁などが入る新庁舎の建設予定地
秋田地裁などが入る新庁舎の建設予定地

 秋田地裁などが入る新庁舎の工事が近く、秋田市山王で始まる。完成は2023年8月中旬ごろの予定で、同年9月には現在の仮庁舎から新庁舎へ移転する。

 新庁舎は地下1階、地上6階建ての鉄骨鉄筋コンクリート造りで、延べ床面積は約1万平方メートル。解体された旧裁判所庁舎があった敷地内に建てる。完成後は従来と同様に、秋田地・家裁と仙台高裁秋田支部のほか、秋田簡裁、秋田検察審査会が入る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 315 文字 / 残り 127 文字)

秋田の最新ニュース