湯沢市、大雪の農業被害12億円 合併後で最多に

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県湯沢市は22日、今冬の大雪による市内の農林業被害額を3月末時点で12億281万円と見込んでいることを明らかにした。2005年の市町村合併後で最多だった11年の被害額を、同期比で約1700万円上回った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 618 文字 / 残り 514 文字)

秋田の最新ニュース